長谷川裕也(靴磨き)驚きの経歴とは?お店の場所と道具・年収を調査!

暮らし

2020年3月17日放送の
「プロフェッショナル-死後のと流儀」
では世界的な靴磨き職人の長谷川裕也さんが登場。

 

“足元から人生を輝かせる”と
どんな靴でもピカピカに磨き上げる技術の持ち主です。

 

今回は
長谷川裕也(靴磨き)驚きの経歴とは?お店の場所と道具・年収を調査!」と題して
世界一の靴磨き職人に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク


長谷川裕也さんのプロフィール

名前 : 長谷川 裕也 (はせがわ ゆうや)

1984年生まれ

出身地 : 千葉県

家族 : 子どもが3人

ずっとサーフィンをやっていた長谷川裕也さんですが、
息子さんが小学生になってからは
一緒に釣りへ出かけることが楽しみの一つになったそうです。

 

かなりの家族ファーストで

「できるだけ子どもとの時間を過ごしたい
子どもを自然のなかで育てたい」

という気持ちがあり、新しいことを始める予定とのことです。

 

家族との時間を一番に考え
働き方改革に乗り出すようです。

ぜひ世のお父さんたちに見習ってもらいたいものですね。

 

経歴

高校卒業後に地元の製鉄所に就職。

職場の先輩から聞き、初めてワーキングホリデーの制度を知り
海外へ行きたい!と英会話を学ぶように。

 

「英語を学びながらお仕事可能。週給13万から」
の求人広告に飛びつき、製鉄所の仕事を8カ月で退職。

 

英語教材の営業マンとなり
路上で声をかけて、数十万円する英語の教材を売る仕事を始めます。

 

フルコミッション制のため、鳴かず飛ばず鳴かず飛ばずで無給の4カ月を経て
持ち前の明るい性格と軽妙なトークで営業の才能が開花。

多い時には週給40万円を、19歳で会社の最年少役職者となります。

ただ、快進撃もそこまでで
スランプと激務による体調の悪化で退職。

 

日雇いのアルバイトでしのぐものの
その日雇いの仕事すら見つからなくなります。

 

全財産2000円というぎりぎりの状況で始めたのが
路上での靴磨き。

 

始めたては100円ショップでそろえた靴磨きセットとお風呂用のイス。

磨き方も知らなかった長谷川裕也さんは
とにかくピカピカにしようと熱心に磨いたそうです。

 

当時の報酬は10分で500円。

 

 

丸の内での靴磨きと平行して
ブランドのショップ店員として働くように。

週に2度の休日を利用して、
路上出の靴磨きを続けた長谷川裕也さん。

路上ではなく出張靴磨きをしたことをきっかけに
独立を決意し、22歳の時にアパレル店員を辞め
靴磨き1本に絞ります。

 

靴磨き界では有名な「千葉スペシャル」こと千葉尊さんに
頭を下げて1日だけ弟子入りを許され
靴磨きを学び直されています。

 

2008年6月、南青山の骨董通りに
世界初の靴磨き専門店「Brift H AOYAMA」を開店。

バーカウンター形式で靴を磨く斬新なスタイルが話題となります。

 

2017年、
靴磨き世界大会「ワールドチャンピオンシップ」で
世界チャンピオンに輝きました。

店の住所

住所 : 〒107-0062
東京都港区南青山6丁目3−11 PAN南青山

定休日 : 火曜日

営業時間 : 平日 12:00~20:00(L.O 18:45)
土日祝 11:00~19:00(L.O18:00)

長谷川裕也さんこだわりの道具

靴を磨くときに必要な道具ですが長谷川裕也さんによれば

・馬毛ブラシ、豚毛ブラシ

・コットン生地・ネル生地のクロス

・クリーナー

・乳化性クリーム

・ワックス

になるそうです。

 

靴磨きは道具選びにこだわると
高いものから安いものまで
価格はピンキリです。

価格を抑えたい人におすすめなのは
ブートブラックの商品とのことです。

 

道具や靴磨きクリームの開発も手掛けています。

スポンサーリンク


 

この投稿をInstagramで見る

 

BLOOM&BRANCH official account(@bloomandbranch)がシェアした投稿

長谷川裕也(靴磨き)の気になる年収は?

長谷川裕也さんは2008年に靴磨き専門店
「Brift H(ブリフトアッシュ)」をオープン。

 

路上での靴磨きの時の価格は10分500円だった料金も
1500円・3000円・6000円という3つのコースに変更

ほとんどのお客が1500円コースを選んだ結果
赤字状態となってしまいます。

 

Brift H(ブリフトアッシュ)」が黒字に好転したのは
やっとこさの6期目。

 

年収と言えるほどの収入はなかったのではないでしょうか。

 

 

現在は、店舗数も増え、かなり儲かっているようです。

アジアへの海外進出も念頭にあるようで
長谷川裕也さんの現在の年収は、数千万はあるとみられます。

 

ちなみに、路上靴磨き職人のトップレベルともなると
1回800円で1日100人の人に靴磨きを行っていたとのことです。

 

長谷川裕也さんが1日弟子入りした
「千葉スペシャル」こと千葉尊さんがこのトップレベル職人。

一日で8万円もの売り上げがあるのですが
驚きの使い道が銀座で豪遊!!

 

靴磨きはお客さえ付けば
かなり儲かる商売なのかもしれません。

そこを極め抜くのがスペシャリストなんでしょうね。

さいごに

靴磨き職人としての腕前は世界一、
経営者としても活躍中の長谷川裕也さん。

 

これからも靴磨きの技術や魅力を多方面に広めていってほしいと思います。

 

革靴なんて履かないという人も、
一度磨いてもらいたくなったのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

靴磨きの本 [ 長谷川裕也 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/3/16時点)

楽天で購入

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました