一戸誠太郎(スケート)の出身高校や大学はどこ?プロフィール、彼女を調査!

スポーツ

平昌オリンピックに出場し2022年の北京冬季オリンピックの出場、

活躍が期待されるスピードスケートの一戸誠太郎選手

 

スピードスケート世界距離別選手権で男子団体追い抜きで

日本記録を更新して銀メダルに輝きました!

 

チームメンバ-は一戸誠太郎、土屋陸、ウイリアムソン師円。

今回はその中の一戸誠太郎選手の
出身高校や大学はどこ?プロフィール、彼女について
調査しました!

 


スポンサーリンク


一戸誠太郎選手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seitaro Ichinohe(@sich_55)がシェアした投稿

生年月日 :  1996年1月25日

身長 :  176cm

体重 : 70kg

血液型 : B型

出生地 : 北海道網走郡

趣味 : キャンプ・登山・山菜採取

所属 : ANA

 

出身地の美幌(びほろ)はこんなとこ

冬の冷え込みがとても厳しい地域です。

観光地として大人気の摩周湖も近くにあります。

特産品は

木工品・甘納豆・蜂蜜・甜菜・ハトムギ
ポテトもち・美幌産じゃがいも・じゃがバター

 

やっぱり北海道と言えばじゃがいもですね♪

 

一戸誠太郎選手の出身校はどこ?

中学は地元の網走郡美幌町立北中学校。

 

その後の進学先ですが、高校は山形県立山形中央高校

山形中央高校は体スケート部がとても強くて
平成29年度はインターハイ女子総合優勝(2年連続)、男子総合3位の成績です。

 

出身者には平昌オリンピック出場の小田卓朗さん

オリンピック4大会4連続出場、バンクーバー五輪銅メダルの加藤条治さん

チームメンバーのウィリアムソン師円選手などがいます。

 

ちなみに吹奏楽部も強豪で

全日本吹奏楽コンクール,東北大会金賞18回
全日本アンサンブルコンテスト:全国大会出場7回

という好成績を残しています。

 

大学進学先は信州大学教育学部。

氷上研究部に所属していました。

 

スケート部ではなく研究部なんですね・・・。

抵抗とか摩擦についても研究していたのでしょうか、
なかなか興味深い名前の部活です。

スポンサーリンク


 

この投稿をInstagramで見る

 

「チームがんばれ!ニッポン!」(@team_nippon)がシェアした投稿

家族構成は?

一戸誠太郎選手がスケートを始めたのは3歳の頃から。
その時指導ををしていたのは父親(義則さん)でした。

 

父親も子どものころから学校のグラウンドでスケートをしており、
スピードスケートのコーチをしています。

 

そんな一戸選手のお父さん、
農家仲間とともにスケートリンクを作ってしまったという話があります。

 

一戸誠太郎選手には、2歳下の弟一戸大地さんがいます。

兄と同じくスピードスケートをされていて、
一戸誠太郎選手と同じ山形中央高校→国立信州大学に進学されています。

 

オリンピックに兄弟そろって出場する日が近いかもしれませんね。

一戸誠太郎選手に彼女はいる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seitaro Ichinohe(@sich_55)がシェアした投稿

爽やかイケメンの一戸誠太郎選手。

所属はANAです。

 

彼女がいないなんてことはないのではないでしょうか。

 

ですが、彼女についての情報や結婚の噂などはつかめていません。

競技に専念しているのではないかと思います。

 

もし彼女がいても大っぴらにインスタにあげるスポーツ選手は日本には少ないのでね~。

 

本人による公式発表がないと知る由もないのかもしれません。

さいごに

平昌オリンピックに続いて2大会連続出場できることを期待しています。

応援しています!!

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました