子どもがいる人のスケジュール管理法!これは一目で分かって便利だと実感

暮らし

子どもが小学校、保育園に行っているのでいろんなお便りをもらってきます。

参観日、PTA、地域の行事・・・。

毎週用事があって、時間が把握できなくなることもしょっちゅうのこと。

どうにかしたいと考えた結果、わかりやすいプリント管理に行きつきました。

見栄えはいまいちかもしれませんがべんりだったのでシェアしていこうと思います。

スポンサーリンク


プリントに付箋を付けて重ねて展示

月によって違うけど毎月5枚以上はお知らせのプリントがたまります。

それぞれ日付順に重ねていきます。

クリップに挟んでひっかけることもあれば、
フックにそのままぶっ刺すこともしばしば。

このぶっ刺しテクはかなり便利!

 

科学館の催しは期間が決まっているので、その日付を付箋に書きます。

付箋をずらして貼ることで日程がすぐにわかります。

後からもらってきたお知らせが、直近の予定ということもあります。

そういう時は付箋を下にはったり、自分が分かるようにしておけばOK。

一番上にあるのが日付の近いプリントなので、終わったものから外していきます。

スポンサーリンク


締切日があるものも付けていきます。

これは入会するかどうか悩んでいたので、期日ギリギリまで考えるために。

これらのプリントは台所の壁に貼り付けたフックにつけていきます。

重くなりすぎると落ちるかもですが、増えたり減ったりするのでそんなに増えすぎずいい感じです。

冷蔵庫にプリントを貼るのだけは勘弁って感じですね。

ごちゃごちゃするし何より風水的に良くないらしいので!!

あな吉手帳術に一時はまるも・・・

数年前にあな吉手帳術に出会って、手帖を作ったんですが、
最初だけ実践して、それっきりです。


情報が増えたときに対応できなくなってフリーズするんですよね。

付箋で管理するので、差し替えとかしやすくて便利そうなのですが
使いこなせていません。

またイチからやり直したいとは思っていますが、当分はただレシートを挟むだけの存在ですね。

さいごに

子どもが多いとプリントがさらに増えるので、
壁に付けたフックくらいでは収まりきらないかも知れません。

 

子ども二人くらいが限界だとは思いますが、付箋が目につくので便利です。

カレンダーに書いたりはったりしていたのですが
子どものいたずらで大事なところが分からなくなったので
この方法に落ち着きました。

台所の壁なら子どもの手が届きにくいので
いたずらされることがありません。

 

休み明けなど一気にプリントを持ってきて
増えすぎて管理できなくなるので
週末に1回は見直すようにしたいと思います。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました