ルークス高等学院がやばい?!Loohcsはschoolを逆さ読みって知ってた?

話題

俳優の伊勢谷友介氏が大麻で逮捕されたという報道で、彼が高校の学長をしていたということを知った人も多いのではないでしょうか。

「ルークス高等学院」という聞きなれない高校名ですが、実は“やばい”という話です。

 

今回は
伊勢谷友介さんが発起人となって創立された『ルークス高等学院がやばい』件について調査していきます。

スポンサーリンク


伊勢谷友介逮捕で終了?ルークス高等学院の存続がやばい?!

ルークス高等学院の発起人であり学長を務めていた伊勢谷友介さん。

大麻で逮捕という、在学中の学生に対して全く示しのつかない状況により、ルークス高等学院の存続に心配の声が上がっています。

 

 

 

 

 

応援の声も。

 

ルークス高等学院側の反応がやばい?!

学長の逮捕という大事件により、ルークス高側の対応も注目です。

お飾りの学長であったという感じの暴露とも思えるコメントですね。

 

ルークス高等学院のプログラムの一つ「リベラルアーツ」では伊勢谷友介さん監修、授業に積極的に関わっていくという当初の発表がありました。

俳優業が忙しすぎて授業にはかかわっていなかったのでしょうか。

 

Loohcs高等学院のHPでは学長伊勢谷友介さんの逮捕の件について、学生、保護者、 株主、関係者へは謝罪のコメントがあげられていました。

 

一方SNSのほうはというとアカウント削除のような対応がとられているようですね。

ルークス高等学院のTwitterアカウントは消されたようで、Facebookも同じく削除されたのか閲覧できない状態になっていました。(2020/09/10現在)

ルークス高等学院がやばい?

発起人の伊勢谷さんは学長の座についていました。
校長は斎木陽平さんという方で現在28歳の若い校長なんです。

その校長の斎木陽平さんは8月末に辞任の意向を発表した安倍総理の縁戚。

斎木陽平がやばい?

ルークス高等学院の教育理念

「ルークス高等学院」の“Loohcs”は“School”のスペルを逆にした言葉。
『既存の学校の概念をひっくり返す』という思いが込められています。

伊勢谷友介さんは地球上で人類が存続するための次の課題を「宇宙人目線でもつ」という独特の考えを持っていたようです。

 

既存の学校のような担任制度やクラス分けをしないという、学生主体の教育ができるという点ではとても素晴らしい高校です。

ルークス高等学院の偏差値・学費はどれくらい?

まとめ

学長逮捕というとんでもない事態になっているルークス高等学院ですが、学生への影響を心配する声や存続を望む応援の声もあります。

学校の存続も学長の逮捕も「やばい」には違いありませんが、主体的に学ぶことができるという点でも既存の学校教育を覆すのがルークス高等学院のやばさかもしれません。

 

伊勢谷友介さんは新型コロナウイルス感染症拡大の影響で苦労している学生に対する教育支援プロジェクトを発表していただけに、今回の逮捕はとても残念です。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました